ご挨拶

カスタマー、サプライヤー、双方から愛される
100年企業を目指して参ります。

トモエグループは、1947年の巴商会創業から始まりました。当初は神戸の小さな自動車部品商社でしたが、現在はアジア・北米で海外企業様とお取引するまでに成長しています。約70年の歴史で培ったお取引先様との信頼関係に加えグローバルで構築されたネットワーク(日本、中国、東南アジア、北米)を生かし、商社の基本となるサービスである商取引機能と物流機能の提供だけでなくコンセプトやモジュール化のご提案、国内外からの調達、新規市場の開拓などを含めた専門商社ならではのオーガナイザーとして市場の変化に迅速かつ柔軟に対応したサービスを提供しています。

代表取締役会長 柳瀬 伸宏

拡大する市場において商社機能の優位性を示し、
世界の健全な発展に寄与して参ります。

第二次産業革命以降、世界経済は先進国を中心に発展して参りました。しかし今後は発展途上国にフェーズが移り、世界のGDPは1.5倍に拡大すると予測されています。世界規模で自動車台数が増加し、それに伴って各国の道路建設・整備も進んでいくことでしょう。建設機械・自動車部品を供給する私達トモエグループが果たす役割も、益々大きなものになるに違いありません。一方、商社という事業形態は世界において一般的ではなく、品質・価格・物流といった我々の優位性を積極的に伝えていく必要があります。まずは日本・中国・東南アジア・アメリカでプレゼンスを高め、他新興国にも進出できる組織基盤を築いて参ります。持続的成長・長期視点・説明責任、これらを大切にしながら世界の健全な発展に不可欠な商社へと飛躍することがトモエグループの目標です。

代表取締役社長 柳瀬 秀人